植毛の値段や費用のお悩みを解消!

MENU

髪の成分はほとんどタンパク質

 毛を作っている、もっとも主要な成分はもちろんタンパク質。それだけで成分そのものの99%を占めるとされている。タンパク質というのは、いろいろなアミノ酸が結合してできた化合物であり、毛のタンパク質も、わかっているだけでも十八種類のアミノ酸の結合によってできているのだ。毛を作り上げているこのタンパク質は、ケラチンと呼ばれている。ただ、ケラチンは、別に髪にだけではなく、爪や皮膚の成分としても含まれている。
 また、ケラチンを作るアミノ酸の中で、もっとも多く含まれているのがシスチンという物質だ。このシスチンには、仲間同士が固く結合しあう性質があり、それによって、毛の硬さと弾力性が生まれている。だから、パーマをかける場合などは、髪の硬さや弾力性を失わせて自由に曲れるようにするため、パーマ液にはシスチン
の結合を弱めるための薬品が入れられている。
 また、タンパク質以外での成分の代表的なものが、前にも出てきたメラニン色素だ。チロシンというアミノ酸から作り出され、ケラチンと結合して水に溶けない状態で、主に毛皮賀などに入っている。その他、ほんのわずかながら、鉄、銅などの金属も含まれている。