植毛の安全性と副作用

MENU

頭皮への安全性と副作用

 自毛植毛は人エ植毛に比べて、拒否反応の面から安全性は高いと言えるでしょう。 しかし、自毛植毛は外科手術です。 1OO%安全だとは言い切れません。 ただ、外科手術と言っても簡単な手術で、入院の必要もなく、 手術中に行う麻酔も局部麻酔であり、身体にも負担は少ないです。

 

 ただし、術後に麻酔が切れると、若干の痛みを感じる患者さんもおられるようなので その場合、医師から痛み止めも処方されます。
自毛植毛はメスを使用するため、特に心配される副作用は手術における感染症です。 近年では、レーシックの手術で感染症が大問題になりました。 自毛植毛では、そのような報告があがってはいませんが、医院側のミスや故意による 違法な施術であり得ないことはありません。 となると、その自体を避けるためには、信頼できるクリニックを選ぶことです。

 

 実績があることはもちろん、ほとんどのクリニックが無料診断を行っているので 数クリニックで診断を受け、信頼のおけるクリニックを選んでください。
当サイトでご紹介しているクリニックは実績、信頼ともトップレベルのクリニック ですが、最終的にはご自身の目で確かめられることをお勧めします。
術後のケアですが、数日間は頭皮を清潔に維持するようにし、 頭を掻いたりしてしまった場合のため、爪は短く切った状態をキープして下さい。 普段から心がけている人には、特別なにかをするわけではありません。 特に自毛植毛では、自分の髪を移植するため、拒絶反応はなく、後遺症などの 心配はありません。