植毛の種類とメリット・デメリット

MENU

「自毛植毛」と「人工植毛」の違い

 植毛には「自毛植毛」と「人工植毛」の2種類があります。 違いは見たままで、自分の毛を移植するか、人工的に作られた人工毛を植えるかです。

 

植毛のメリット・デメリット

 

 それぞれ、メリット・デメリットがありますが、「自毛植毛」は「人工植毛」に比べ はるかにメリットが大きいですし、デメリットは小さいです。 ただし、すべての方にあてはまるわけでわないので、違いを見てみましょう。

 

自毛植毛のメリット

 「自毛植毛」の大きなメリットは、拒絶反応がなく、植毛した毛が 再び伸びるという所です。
また、自毛植毛は本物の髪ですので、人工毛より質感が良く、周囲の髪との違和感もない仕上がりになります。

 

自毛植毛のデメリット

 「自毛植毛」のデメリットは、やはり「人工植毛」に比べ費用が高いという所と 自分の毛髪を移植するため、移植量にも限界がるという点です。

 

人工植毛のメリット

  「人工植毛」のメリットは、ほとんどありませんが、あえていうなら、 移植量に限界がなく、人工毛を植えつけたその日のうちに生えそろうため 即効性があるという所です。

 

人工植毛のデメリット

  「人工植毛」の大きなデメリットは、拒絶反応にあります。 人工に作られた毛を移植するので、人間のカで異物を排除しようとするため 1年で6割以上、抜け落ちることがよくあります。
抜けるだけならまだ良い方で、抜けないようにしっかり固着させていますので、最悪、 人工毛が抜けないまま感染症になることがあります。 ヨーロッパやアメリカでは、「人工植毛」が法律的に「禁止」となっている所もあります。