植毛の値段や費用のお悩みを解消!

MENU

植毛する前にカツラの知識もつけましょう記事一覧

 カツラそのものがいつ誕生したのかは、はっきりわかっていない。少なくとも、古代エジプトにおいては盛んに使われ、時に地位を表す重要なマークですらあったらしい。王族、貴族、大富豪など、それぞれの立場でカツラの形が微妙に分けられ、人々はわざわざ髪を剃り上げてカツラをかぶった。当時、髪を剃ることは神聖な行為とみなされ、また、カツラをかぶればエジプトの強い日差しから頭を保護できる利点もあり、カツラは珍重され...

 もちろん、欧米をはじめとして、世界中でカツラは作られている。だが、日本のように「薄毛・ハゲを隠して、極力バレないようにする」タイプの男性カツラ(増毛なども含める)が、これほど浸透し、連日、テレピでもCMが流れ続けるほどの巨大産業になっている国は、まずない。逆にいえば、それだけ、日本は薄毛・ハゲに対して厳しい園、ということになるだろう。要因としては、いくつか考えられる。多くの人が指摘するのが、日本...

 通常、大手メーカーで買う製品の場合、一個五十万円程度と考えていれば間違いはない。時に、一個十万円程度の製品もあるにはあるが、あくまでレディー・メイド。指紋同様、人間の頭の形は一人ひとり違うわけで、さらには抜け毛の進行具合も違う。洋服じゃないんだから、既製品をかぶってもけっして自然に頭をカバーすることはできない。スッポリとカプるタイプにせよ、ネット状のものにせよ、自分の頭だけに合うオーダーメイドの...

 増毛、カツラと一言でいっても、薄毛の度合いによって使う製品も変わってくる。まず、頭がちょっと薄くなったかな、と思える程度の人。アデランスなら「ピンポイントサイバー」の段階だ。自毛一本につき六本の人工毛髪を結着し、ボリュームアップをはかれるもの。値段は取付料込みで一本五十円。六百本単位で使われる。植毛ではないので、頭皮が傷つく心配もない。結着は、健康な成長毛を選んでするから、簡単には脱落しないのも...

 毛髪総合メーカーとしての転進をはかりつつあるカツラ・メーカー。とくにいま、各社が力を入れているのが育毛カウンセリング部門だ。アデランスの「ヘア・サポート」、アートネイチャーの「ヘア・コントロール・システム」などがこれに当たるが、ここは「ヘア・サポート」の方を例にとって、どんなことをするのか、紹介してみよう。客となるのはだいたい抜け毛が増えて将来心配だな、という程度の、まだほとんど進行していない状...

 まさに多国籍企業化しつつある日本のカツラ・メーカー。なかでももっとも国際化を推進しているのがアデランスだろ。すでにアメリカでは、男性用女性用のカツラと女性用ウイッグ(化粧用付けカツラ)の販売を目的とした一OO%出資の現地法人二社や関係会社一社、ヨーロッパではウイツグの販売を中心にドイツ、フランス、オランダ、ベルギーに合計六社を持っている。アジアでは、すでに台湾の現地法人が年率一O%以上の割合で売...

事実育毛シャンプーの働きは、シャンプーそのものの役割である、頭の髪の汚れを綺麗に洗い流す働きの他に、髪の毛の発毛・育毛に対して効力がある成分を含むシャンプー液です。実際に薄毛並びにAGA(エージーエー)には規則正しい食生活への改善、禁煙、お酒を控える、適切な睡眠、メンタル面のストレスの改善、適切な洗髪などあらゆる生活スタイルの改善が重要項目になると断定できます。実際ある程度の抜け毛においてはあまり...