植毛の値段や費用のお悩みを解消!

MENU

常に変わるAGAや植毛などの頭髪治療

常に変わるAGAや植毛などの頭髪治療

 

知っていますか?AGA治療薬は、生え際には効きにくい

 「AGAの場合、薬剤は、後頭部なら成績が比較的良いが、生え際には効きにくいというデータがすでに出ています。それなのに、すべてのAGAの患者さんに、まず薬を1年間試してみましょうというのは、正当な医療としてバランスを欠いていると言わざるを経ませんね」と、植毛の権威は、薬だけが頼りの薄毛治療に疑問を投げかける。

 

「良く効くとされている部位であっても、濃くなる、現状維持、効き目が表れない、という3つのグループに分かれます。医師も患者さんも、どのグループに入るのかは、薬を飲み続けて半年以上経ってみないと分らない。これがダメならこの方法でと、治療法を切り替えることができなければ、それまで費やした時間も費用も、すべて水の泡になってしまうのです」

 

しかも、薄毛の原因はAGAだけではない。

 

傷跡のような、毛根のないところに毛髪を取り戻したいというケースもあるし、女性の薄毛の悩みも増えている。「さまざまな頭髪治療の選択肢を持っていなければ、適切な医療を実践できない」という指摘は正論だろう。
「日本の場合、薬剤の価格が欧米と比べて高いことも問題です。国際的に高い薬代を払い続け、それで現状維持では、患者さんも納得できないでしょう。薬はずっと飲み続けなければならないだけに、費用の問題は大切なファクターだと思いますね」費用について問題視しなければならないのは、薬剤だけではない。

 

日本の毛髪外科手術の費用も、国際的に見れば常識はずれと思えるほど高額なのだ。

 

「日本の場合、毛髪外科手術の費用に関して、なぜか競争原理が働いていない。だから、海外に出かけて行って手術をする人が増えてしまうのです」